記事がイイね!と思ったらシェア

パパ活をやっていると、まれにサイバー補導などのトラブルに巻き込まれて警察沙汰になってしまう事があります。

成人なのに未成年の間違われて、警察に連行されてしまった時や、パパとのトラブルで警察沙汰になってしまった時に間違った行動をとってしまうと話が大きくなってしまい、面倒事に巻き込まれかねません。

そこで、心のどこかに留めておいてほしい『パパ活で警察沙汰になった時パパ活女子がするべき行動4つ』を紹介していきます。

初めに…

パパ活女子が警察沙汰巻き込まれてしまった時の大まかな流れをご紹介します。

※この内容は実際に警察沙汰に巻き込まれた方から教えていただきましたので、全てにおいて当てはまるケースではございませんので、参考までにお読み下さい。
また、本サイトは大人の恋愛事情を扱うものであり、未成年の淫行・非行を助長する意図は一切ございません。

成人なのにサイバー補導で警察に連行された場合(Aさんのケース)

もしパパと名乗ってデートを申し込んできた相手が警察関係者のサイバー補導であった場合、まず待ち合わせ場所で出会った地点で警察関係者の人間だと名乗られます。

その後、身元証明書(免許証など)の提示を求められ、成人という確認が取れれば車内で指導、または警察署で事情聴取となる可能性があると言われています。

パパ活トラブルで警察を呼んだ場合(Aさんのケース)

パパ活中にパパに襲われかけたなど、パパから何らかの被害を受けて警察沙汰に巻き込まれた場合、通報後警察関係者がやってきて、その場で軽い事情聴取が行われるようです。

その後、被害に事件性があれば最寄りの交番か警察署に保護され、詳しい事情聴取や調書をとられる事があるようです。

パパ活女子が警察関係者に親切にしてもらえるコツ(Aさんのケース)

MashiroMomo / Pixabay

その1 同じような質問をされても何度でもきちんと答えることが良いらしい

証言に嘘がないか確認するため、同じ質問を何度も質問される場合があるそうです。

ですので、外で一度名前や住所・年齢や生年月日を聞かれていたにも関わらず、一度話した話を繰り返しされるという事は決して珍しいことではないようです。

そのため、証言にブレや後出しがないほど、丁寧に対応してもらえるそうです。

その2 取り調べ内容は細かい場所まで修正してもらう

何らかの理由により警察署まで連れて行かれてしまった場合は、調書を取りながらの事情聴取になる事があるようです。

また、聴取中や事情聴取後に調書の読み上げが行われ、その読み上げ内容には細心の注意を払い、細かいニュアンスの言葉でも間違いがないかきちんと確認することが良いそうです。

自分の中では同じような言葉でも、全く違う扱いになる言葉は少なくないようです。

その3 (これ以上はこのブログでは書けません…)

このタイトルの通りですが、これ以上はあまりにテクニカルな内容なので紹介を慎みたいと思います。

(あくまで当ブログは大人の恋愛を扱ったサイトであり、テクニックを紹介するブログではありませんので、ここでは紹介を割愛いたします…。)

とは言え、警察関係者のお世話になった時にはきちんと対応する事が大切だということです。

まとめ

パパ活が警察沙汰に巻き込まれてしまった時にパパ活女子が出来る行動3つをAさんのケースを例に紹介していきました。

成人のパパ活は違法行為ではありませんので、どんな立場の時でもしっかりと意思を持って対応し、マナーと節度を守った大人の恋愛を楽しみましょう。

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア