記事がイイね!と思ったらシェア

パパから「行きたい所ある?」と言われたら何と答えればいい?
初デート~単発パパ・都度パパとのお食事デートでオススメのレストランを春夏秋冬の季節ごとに紹介します。

初めに…

初デートパパとのお食事デート場所はリサーチが必須!

初デートパパやデート回数が少ない都度パパなど、まだあまり関係の深くないパパが相手のお食事デートの場合、なるだけ条件の揃ったレストランをリサーチし、出来るだけこちらから行きたい場所を提案するのをオススメします。

押さえておきたい条件とは、ズバリ【個室ではない・席から出口が見える・外から店内の席が見えない】の3つ。
この3つが揃っているレストランはまだ信頼関係の浅いパパ相手にピッタリのデート場所であり、パパ活でのリスクを回避しやすい場所なのです。

春・お寿司か和食の料理屋でほのぼのお食事デート

DrawsAndCooks / Pixabay

春はタイやウニ、卵やお茶などお寿司や和食にピッタリな食材が旬の季節となっています。

そこで、春にパパからお食事デートの希望を聞かれた場合、関係の浅いパパ相手なら地域密着型の小さなお寿司屋さんか和食の小料理屋に行ってみたいと提案しましょう。

この2種類のお店は上記に挙げた3つの条件が揃いやすく、非日常感もある場所ですのでパパ活女子もパパも楽しくお食事デートをすることが出来ます。

春はパパに人気のあるパパ活1年生が増えやすい季節。

お寿司屋さんや和食のお店はパパ活女子の差が出やすい場所でもありますので、上手にお食事をして他のパパ活女子に負けない魅力をアピールしましょう。

夏・ビュッフェスタイルの隠れ家レストランでパパの好みもリサーチ
夏はパパによって食欲や食事の好みが分かれやすく、パパ活女子側も体型維持のためにカロリーのバランスを整えておきたい季節です。

そこで、夏にパパから食べたい物や行きたい場所を聞かれた場合、ビュッフェスタイルのカフェやレストランを提案するのがオススメです。

ただし、ビュッフェスタイルのレストランは大規模であるほど開放的過ぎる空間である事が多いので、行くなら小規模な隠れ家的レストランか小さめのカフェのビュッフェを選ぶように気をつけましょう。

落ち着くビュッフェスタイルのレストランはデート感が出やすく、パパの好みをリサーチして次のデートに繋げやすい場所でもあります。

一緒にお食事デートをしている時にさりげなくパパが何を好んで食べていたかをチェックしておき、後日メッセージで
「そういえば…○○さんって××が好きなんですか?」
「素敵なのでついジーっと見てしまいました(笑)」
「今回は私に合わせてもらったので、次は××を食べに行きませんか?」
と送ってみましょう!

秋・コンセプトカフェ(レストラン)で楽しく盛り上がる!

luk1004 / Pixabay

秋はパパ活女子の実力がモロに出やすい時期であり、パパとの会話が得意ではないパパ活女子がパパに飽きられて他のパパ活女子に乗り換えられやすい時期となっています。

そこで、秋にパパから行きたい場所を聞かれたら、少し変わったコンセプトカフェまたはコンセプトレストランを提案するのがオススメです。

コンセプトカフェの中でもパパ受けが良く、男性も好きな場所はレストランの中が酔う学校風になっている学校カフェや店内でプラネタリウムが楽しめるプラネタリウムカフェなど。

特に学校のコンセプトカフェは数も多く、パパの学生時代の思い出や初恋の話などで会話を盛り上げやすいため積極的に利用していきましょう。

冬・鉄板焼きや焼肉屋さんでアツアツデート

Eagle_ / Pixabay

意外と知られていないのですが、牛肉は冬が旬の食べ物です。

そこで、冬にパパから食べたいものを聞かれた場合、鉄板焼きや焼肉屋さんなど牛肉が食べられる場所を希望しましょう。

冬はパパの懐が潤いやすい季節ですので、ここでどの程度のお店に連れて行ってくれるかどうかでパパの”太パパ度”や自分への”好感度”を調べることが可能となります。

他の季節はどこのお店に行きたいかまで伝えても問題ありませんが、冬だけはただ「冬だからかな?お肉が食べたい」などと言ってどこに連れて行ってくれるかを試しましょう。

まとめ

季節ごとにオススメのレストランを紹介していきました。
残念ながらパパ活女子によって活動地域は様々ですので個人的にオススメしたい具体的な店名を紹介することは出来ませんでしたが、どの都道府県のパパ活女子でも使えるレストラン紹介ですので是非とも活用してみて下さい。

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア