記事がイイね!と思ったらシェア

これからP活を始めるパパ活女子予備軍や最近P活を始めたばかりの初心者のパパ活女子が抑えておくべきP活のポイントを4つ紹介していきます!

(2018/05/31追記)

パパ活初心者が最低限抑えておきたいP活のコツ4つ

その1 “パパ活女子としての”プロフィールを決めておく

パパ活女子はパパから貴重なアドバイスや支援を獲得するためにパパ活をするものですが、万が一に備え、ある程度の身バレ対策をしておく必要が出てきます。

そこで、パパ活を始める時はまず
・パパに教える名前と年齢
・職業(学生なら通っている大学の地域とおおまかな学科)
・パパ活をしている理由

の3つを、メモ帳などに書いてすぐ言えるようにしておきましょう。

この3つをしっかり設定しておくとパパ活の場でプロフィールを書く時かなり楽をする事が出来ますし、パパとデートをする時にすんなりと自分の事を話せ、誠実な印象を持ってもらうことができるでしょう。

ある程度パパ受けの良い設定を考えて自分のプロフィールに組み込んでいき、“全くの嘘ではないけれどちょっと盛っている”くらいのパパ活プロフィールを作りましょう。

その2 パパ受けの良い自撮り写真の撮り方

パパ活の場では、プロフィールと一緒に載せる顔画像が一番大事です。
自分の顔以外の画像はなるべく使わないようにし、プロフィールには自撮り画像をアイコンとして利用するようにしていきましょう。

顔出しをしても良いという場合、最もパパ受けが良いのは“流し目”の自撮り画像です。

上目遣いの写メを撮るより顔を正面に向けたまま斜め下または少し横からスマホを構え、目線だけをそちらに向けて自撮り画像を撮影して下さい。

そちらの方がパパ受けの良い自撮り写真になりやすく、同じ顔でもパパから連絡の来やすいプロフィール画像が出来上がります。

完全に顔を出すのに抵抗がある場合、目元から下の部分を写してプロフィール画像にするといいでしょう。

その際、ストローで飲み物を飲んでいる姿を写すとパパ受けの良い自撮り写真になります。
理由としては、ストローから唇に目線が行きやすいので女性らしくかわいい印象を持たれやすく、デートをしている時の姿を想像してしまうからなのだとか…。

プロフィール画像はパパが一番初めに見るところですので最重要視していきましょう。

その3 『月にどれくらいの支援が必要か?』 目標を定める

普通のアルバイトや仕事と同じく、パパ活でも目標を定めることは大事です。

目標を定める事でパパ活のモチベーションを保つことが出来ますし、具体的に決めておくと「◯◯円貯まったら◯◯しよう!」という事をしっかりと決めることが可能になります。

パパ活はいつでも始めることが出来、誰にも強制されず自由に働く時間を決めることが出来ます。
しかし、それは裏を返せばいつでも辞めることが出来、今やらなくてもいいという意味にもなってしまいます。

自分一人で何でも決められるパパ活はモチベーションの維持が一番の課題となってきますので、やる気を保つために「まずは月5万!」「100万円貯金して◯◯する!」など具体的な目標を決めておきましょう。

その4 パパ活をする地域の相場を知っておく

基本的にはデート1回1万円が相場のパパ活ですが、出会い系サイト、デートクラブなどP活の場や地域などによって相場が微妙に異なってきます。

P活を始めたばかりのパパ活女子は出来るだけ安く女の子とデートをして身体の関係をもちたいケチケチパパから最も狙われやすいので、自分がパパ活をする地域の相場をしっかりと確認しておきましょう。

お小遣いの相場はデートクラブであれば運営スタッフが教えてくれますし、出会いサイトであれば掲示板などを調べればある程度把握することが可能です。

まとめ

P活を始める時に一番大事なのは、自分の長所・短所を把握しそれをどう生かしていくかというパパ活戦法を考えておくという事です。

初デート~2回目のデートはパパ活を最も失敗しやすいタイミングとなっていますので、この記事も参考に最低限のポイントを抑え失敗しないパパ活女子を目指しましょう。

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア