記事がイイね!と思ったらシェア

パパ活をやる上で良質なパパに出会う為、重要になってくるのが、プロフィールや自己紹介文の書き方です。
アルバイトや就職活動の時に必要になってくる履歴書同様、出会い系サイトや交際クラブでも、自分を知ってもらうためには詳細なプロフィールを登録する必要があります。

今回はフリーターの女性がパパ活をする際に、良質なパパをゲットする為のプロフィールの書き方を詳しくご紹介していきたいと思います。

プロフィールを設定するメリット

パパ活女子職業別 プロフィール・自己紹介の書き方【フリーター編】

多くの女性がパパ活をする際、まずファーストインプレッションで大事になってくるのが、このプロフィール。
プロフィールをきちんと書くことにより、パパ活女子にはどういったメリットがあるのでしょうか?
それを本記事にて順番に説いていきたいと思います。

簡単に言えばプロフィールは自分を知ってもらう為のものであり”自分をアピールできる場所”といえるでしょう。

自分の就いている仕事の内容、趣味、休日の過ごし方などを詳細に記載しておくだけで、男性からのメッセージ数が格段に増えます。

対局的に、プロフィールが”ほぼ真っ白”な女性にはあまりメッセージや男性からのアプローチが来ず、きちんと詳細なプロフィールを記載している女性と比べるとメッセージの量、アプローチの量は格段にかわってきます。

私達パパ活女子も、パパ活をする時はパパのプロフィールを見ますよね?
必要最低限の情報がなければ、”どんな人”なのかがわかりにくく不安になってしまいます。
逆の立場から考えてみても、プロフィールをきちんと設定しておく事は大事だと言えるでしょう。

プロフィール設定で重要なポイント3つ

それでは、プロフィール設定で”重要なポイント3つ”についてご紹介していきたいと思います。
この3つを覚えておけば、パパ活をスムーズに進めやすくなりますので、ぜひ実践してみてください。

プロフィール写真は加工必須

パパ活女子職業別 プロフィール・自己紹介の書き方【フリーター編】

プロフィールを設定する上で必要になってくるのが顔写真です。
パパ活で成功している女性の多くが、自分の顔写真を登録しています。
ここで注意しなければならないのが、”そのままの状態”すなわち、”無加工で登録しない”ことです。
万が一、知人にバレてしまったら大変ですので、”気持ち盛っている”くらいの加工を施しましょう。
ただ、あまりにも元の姿とかけ離れてしまうと、実際パパにお会いした時、”写真と違う!””詐欺だ!”と、引かれてしまうことがあるため、やりすぎは禁物です。

プロフィールの各該当項目は詳細に

職業欄、年齢、趣味、住んでいる地域、自己PR文などは詳細に記載しましょう。
これらが揃っていないと”どんな女の子なのかわからない””どこから会話をしたら良いのかわからない” と男性は迷ってしまい、良質なパパからの連絡がなかなか着ません。

プロフィールの内容も”ちょっと盛る”くらいを心がけましょう。

あまりにも盛りすぎるといずれボロが出てしまい後々痛い思いをすることになりますので要注意です。

PR文章は素人風で、なおかつ明るく

PR文はかしこまった感じで記載しなくとも大丈夫です。
やや”くだけた雰囲気”のほうが男性側は女性に対して話しかけやすくなりますので、”素人風で明るい印象”を心がけて記載しましょう。

プロフィールの書き方『フリーターの場合』

パパ活女子職業別 プロフィール・自己紹介の書き方【フリーター編】

では、具体的にプロフィールはどのように記載すれば良いのでしょうか?
職業が”フリーター”のパパ活女子を対象に、良質なパパをゲットできる自己紹介文をご紹介していきますので、ぜひ参考にしていただければ思います。

フリーターというと「ダラダラと働いている人間」と思われがちですが、言葉を変えるだけでも全然印象が変わってきます。

例にすると
・幼少期からの夢を叶えるためにアルバイトをして生活をしています
・大学(専門でも可)で学びたいことがあるので、アルバイトをしながら生活しています。
・近いうちに正社員を目指しているため、現在はフリーターとして頑張っています…など

このように明確な目標を持つことで、男性からの印象は全然変わります。
パパ活をする際には、このようなプロフィール文をかいておくと、実際にお会いしたときも話がしやすく、サポートしてくれる男性が多くなります。

フリーターであることに引け目を感じず、ポジティブに書いておくようにしましょう。

また「様々な職種の人と関わって自分の知識を深めたい」という自己紹介文も、パパを寄せ付ける魔法の言葉です。

男性は、自身に関すること(仕事や趣味など)に興味を持たれると嬉しく感じるものなので、そこを逆手にとった紹介文をかくようにしましょう。

以下フリーターの場合のプロフィール例文

・名前→〇〇
・年齢→〇〇歳
・職業→フリーター
・趣味→お菓子作り、ドライブ、料理、掃除、散歩、ヨガなど
・住んでいる地域→〇〇・自己紹介文
 はじめまして!プロフィールを読んでくださり、ありがとうございます!
 160センチの体重54キロの女子です!
 自分の夢のために現在アルバイトをしながら生活をしていて、なかなかお友達ができないので良かったら仲良くしてください!
 自分の視野を広げるためにも幅広い年齢の方と仲良くしたいので、メッセージ待っています!

プロフィールをかく上で注意したいこと

ここまでフリーターの場合のプロフィール文の書き方についてご紹介してきました。
実はプロフィールをかく上で注意したいことがあります。
以下のことをしてしまうとパパ活が成功しなくなってしまいますので注意してください。

パパ活アピールをしない

出会い系や交際クラブでプロフィールを登録する際は、パパ活アピールをしないようにしましょう。
男性はあくまで”女性とはなしたい”ために登録してメッセージをくれるため、プロフィールにそういった内容を記載すると確実に失敗します。

パパ活は相手との信頼関係が成り立ってはじめて報酬がもらえるものなので、焦らずじっくりと相手を魅了していくことをおすすめします。

ネガティブな発言をしない

これもパパ活で失敗する女性がよくやることです。
プロフィールに「パパ以外からの連絡お断り」「下ネタを言った場合は即ブロック」などネガティブなことを書いてしまうと男性が寄りにくくなってしまいます。
また、体の関係を匂わすような発言もやめましょう。

そうなってしまうとただの援◯交際になってしまい、パパ活ではなくなります。
きちんと自分の内面を明るくアピールした紹介文でパパ活を実践してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は職業別自己紹介文の書き方(フリーター編)をご紹介してきました。
フリーターは言い方を変えれば”夢を追いかけるために頑張る姿”をアピールできる職業でもあるため、今回の記事を参考に素敵なパパ活ライフを過ごしていただければと思います。

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア