記事がイイね!と思ったらシェア

パパ活女子がパパ活を始める際、必ず最初に考えなければならないのはパパ活をする時にパパに名乗る偽名(パパ活女子名)です。

しかし、ここで何も考えずにパパ活女子名を付けてしまうとちょっとした不都合が生じ、パパ活の難易度がグンと上がってしまうかもしれません。

そこで、P活初心者にオススメしたいパパ活で名乗るパパ活女子名の付け方や考え方をいくつか紹介していきます。

パパ活初心者にオススメのパパ活女子名の付け方・考え方

パパ活で名乗る名前を考える時のオススメって?パパ活女子名の付け方・考え方

その1 1文字目は自分の本名と同じものにする

パパ活の場合、自分の本名がバレるミスは身バレに繋がる危険なミスとなっています。

ですから、P活初心者はうっかり話の弾みで自分の本名を言いかけても大丈夫なよう名前の1文字目は自分の本名と同じにしておくことをオススメします。

どうしても本名と同じにするのに抵抗がある場合、母音が同じで似たような響きの名前にしてしまうのもオススメ。

【例:本名が “田中 花子”のパパ活女子の場合…】
・1文字目が同じパパ活女子名
→田川 春菜(たがわ はるな)・ハナ・葉月 など

・母音が同じで似たような響きのパパ活女子名
→原田 菜々緒(はらだ ななお)・ナナ・ななこ など

このパパ活女子名の付け方をしておくと会話の中でうっかり本名を漏らしかけても咄嗟に言い直すことが出来ますし、言ってしまった後でもパパに『聞き間違いだったかな?』と思わせることが可能となります。

うっかり屋のパパ活初心者はこの方法で偽名を考えていきましょう。

その2 キラキラネームにしない

出会い系サイトやSNSなど質より数のパパ活をする予定でしたら何の問題もないのですが、デートクラブなど高収入なパパが多い場所でパパ活をしたいと考えている場合、パパ活女子名はカタカナでしか読めないようなキラキラネームは絶対に避けておくべきです。

具体的な例を挙げるとすると、

・漢字が存在しない
(ケーキちゃん・クリームちゃん・パフパフちゃん など)
・西洋人にしかありえない名前
(シルビアちゃん・ジュリエッタちゃん・ラルクちゃん など)
・少女漫画やアニメっぽい名前
(リンゴちゃん・マリンちゃん・キララちゃん など)
・マスコットキャラクターと同じ名前
(キティちゃん・ミニーちゃん・ペコちゃん など)

といったところ。

ハンドルネームでお互いを呼び合う人が集まる居酒屋やファミレスなどでしたら大丈夫なのですが、高級レストランやブランド店の中だとこの名前を呼ぶパパはちょっと浮いてしまいます。

高収入なパパほどそういったパパ活女子を避けてしまうので、見た目が日本人離れしたハーフの女性でない限りキラキラネームのパパ活女子名はやめておいた方が良いでしょう。

その3 美人・可愛い系の女芸能人を組み合わせる

パパ活で名乗る名前を考える時のオススメって?パパ活女子名の付け方・考え方

女子アナ・女優・演歌歌手・アイドルタレントなど芸能人の名前はパパ受けが良く、印象に残りやすい傾向があります。

ですから、初心者パパ活女子はそういった美人・可愛い系の女芸能人の名前を借り、イメージの良い名前を付けてしまうのもオススメです。

デートクラブのパパ活女子名など名字と名前がそれぞれ必要である場合、2人の女優や女子アナなどからそれぞれ名前を取り、組み合わせて使ってしまうといいでしょう。

名前を借りる女性芸能人を選ぶ時は、自分と同じ位の年齢の人の中から選んでおくとパパも違和感がありません。

この名前の付け方をするとパパから「女優の○○と同じ名前だけど…」と声をかけられることもありますので、そこから話題を広げられるよう名前を借りた芸能人の事はある程度調べておくのがオススメです。

最低でも出演作品や代表曲などだけは知っておき、パパから話を引き出せるようにしておきましょう。

まとめ

パパ活女子名は意識して気を付けられていないものの、無意識にパパ活に対する考えや慣れが現れてしまう所です。

パパ受けが良く便利なパパ活女子名を考え、これからのパパ活が少しでも有利になるよう良い名前をつけていきましょう!

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア