記事がイイね!と思ったらシェア

デートクラブの面接に行く前に気にして欲しいチェックポイント4つって?

デートクラブに入会するにはクラブを運営している人間と実際に会い、面接(面談)をクリアして入会を許可してもらう必要があります。

しかし、パパ活初心者からするとデートクラブという場所は未知の世界であり、そもそも何を準備すればいいのか分からない…という方も多いですよね。

そこで、デートクラブの面接に行く前にチェックして欲しいポイントを4つ紹介していきます。

デートクラブ面接当日用チェックシート!

デートクラブの面接に行く前に気にして欲しいチェックポイント4つって?

写真付きの身分証明書は持ってる?

警察にキチンと許可をもらっているデートクラブは入会希望者が未成年ではないかしっかりとチェックしています。

・運転免許証
・パスポート
・住基カード
・顔写真つきマイナンバーカード

など、顔写真と生年月日がキチンと確認できる身分証明書がカバンの中にキチンと入っているかしっかりと確認しておきましょう!
(デートクラブによっては保険証など顔写真なしでも大丈夫な所はあるようです。)

どんなに大人の女性でも成人確認が取れない人をデートクラブに入会をさせるわけにはいきませんので、身分証明書を忘れてしまうとまた後日面談を受け直さなければならず、せっかくの時間が無駄になってしまいます。

髪に寝癖はついていない?

デートクラブの人間は女性の顔ではなく髪や服装で入会の可否を決めている事が多いです。

多くのデートクラブで言われる『上品な女性』というのは外見にいい加減さが出ていない女性の事を指しており、髪の毛に寝癖がついている状態でデートクラブの面談に行ってしまうと入会を断られてしまったり、入会できても男性会員向けプロフィールに『ちょっといい加減な女性です』などと注意書きされてVIPクラスの男性会員からオファーを受けにくくなってしまいます。

家から出る前に必ず鏡で自分の髪に寝癖が無いかを確認し、寝癖を見つけてしまったらヘアスプレーや寝癖直しスプレーなどを駆使してうねりやハネをキチンと整えておきましょう。

※デートクラブ面接当日に髪の毛プリンに気づいたら…
もしもデートクラブ面接当日に髪の毛がプリンになっている事に気がついてしまった場合、髪の分け目をジグザグにする、髪のトップがふんわりとしているヘアアレンジをするなどしてプリンではなくグラデーションであるよう見せかけてみるのがオススメです。

ヘアアレンジはシニョン系のものにするとプリンを隠して上品な雰囲気を演出する事が出来ますよ♪

黒ストッキング・ブーツなど撮影NGの服を着ていない?

デートクラブの面接では合格をもらうとすぐに事務所などでプロフィール画像の撮影を行うことが多いです。

デートクラブによっては撮影用の服をレンタルさせてくれる場合ももありますが、この時「その服装でプロフィールを撮るのはちょっと…」という格好をしていると入会はまた後日ということになってしまい、せっかくの機会を無駄にしてしまいます。

Tシャツやジーンズなど女性らしさの無い服装がNGなのはネットなどで検索すればすぐに分かるのですが、パパ活に慣れた女性でもやってしまいがちなのが

・黒ストッキング
・ブーツ
・セーター

の3つでしょう。

これらは上品なデザインのものでもあまり写真映えせず、デートクラブの男性会員受けしませんのでNGを出されてしまう事が多いです。

服にシワは無い?

デートクラブの面接といえば上記の他に女子アナやのような上品で清楚な服装をしていくのが鉄板ですが、どんなに上品な服を着ていてもブラウスやスカートがシワシワだと髪の毛と同様大きな減点を食らってしまい、ハイクラスな男性と出会う機会が一気に減ってしまいます。

デートクラブ面接に行く時は出かける前に1度全身鏡の前に立ち、服にシワがないかよく確認してくださいね!

もしも服にシワを見つけてしまった場合、時間がなければ霧吹きに40℃くらいのお湯を入れ、シワのある部分がしっとりするまで霧吹きをしてから服を手で伸ばして外に出るといいでしょう。

お湯霧吹きで湿った服は30分ほどで乾きますので、面接場所に着くころにはシワが綺麗に取れています。

まとめ

デートクラブに確実に入会するためにはルックスよりも身だしなみに気を配り、運営側の人間の第一印象を良くする必要が出てきます。

面接当日は必ず全身鏡の前に立ってから家を出るようにし、うっかり減点されてしまわないよう気を配っていきましょう!

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア