記事がイイね!と思ったらシェア

このところ、パパ活やママ活に関するニュースが多く取り上げられています。

そのせいか、『未成年だけどパパ活をしたいです』『高校生ですが○○という事情があってパパ活を考えています』といった未成年のパパ活に関するメッセージを多く見かけるようになりました。

本サイト「デートウォーカー」の一筆者であるMARIが未成年のパパ活を反対している大きな理由は
【未成年のパパ活女子を求める男性に危険でない男性は1人もいないから】
となっています。

未成年のパパ活女性が絶対に出会う事になる男性の種類を7つ紹介していきます。

未成年のパパ活女子が絶対に出会う危険な男性7人(1~3人目)

未成年のパパ活女子が絶対に出会う危険な男性達7人(前編)

1人目 「エッチなしでお金もらえると思ってるの?」タイプ

これは未成年のパパ活女子が悪いのではなく“#パパ活”という言葉を使って援交をしている違法業者の大人達が悪いのですが、未成年のパパ活女子を主な対象としている男性達はほぼ全員『パパ活=援交(売春)』だと思っています。

ですから、未成年のパパ活女子がいくら『エッチな事はしません!』と書いていても「そういうのはいいから。で?ホ別苺(ホテル代別で性行為1万5000円の意味)で良いよね?行こっか」という風に言って性行為が出来るホテルや公衆トイレ、ネットカフェなどにパパ活女子を連れ込もうとしてきます。

彼らにとっては『パパ活=援交』は当たり前のことですので、どんな正論を言っても「エッチなしでお金もらえると思ってるの?」と言ってくる事でしょう。

パパ活女子から食事のみでデート代を求められるのは、そういう男性達からすると【風俗嬢がエッチなしでお金の支払いを求めてきた】という状態なのです。

「稼いでる子はみんなやってるよ」という嘘にダマされ、身体を許すつもりは無かったのにエッチしてしまった…という未成年パパ活女子は数多くいます。

2人目 「学校とか親にバラされたくなかったら脱いで」タイプ

未成年のパパ活女子が絶対に出会う危険な男性達7人(前編)

未成年のパパ活女子を相手にパパ活をしている男性は相手が学校や親に秘密でパパ活をしているのを知っており、パパ活バレを極端に恐れている事を知っています。

パパ活女子は家族や警察に自分の事を相談できず、何をされても泣き寝入りするしかないと知っているのです。

ですから、「バラされたくなかったら○○させて」というタイプの男性は非常に多く、普通なら絶対に出来ないような要求をしてくる男性は全く珍しくありません。

絶対に妊娠するであろう行為やデート代なしでの強制セフレ化、AVでしか出来ないような変態行為を求められたのに受け入れるしかなかった未成年のパパ活女子は多いです。

3人目 「好きだよ!付き合って!(タダで)エッチしよ!」タイプ

正直なところ、成人男性の経済力やトーク力をもってすれば未成年女子の好感を得ることはそこまで難しくありません。

これは未成年の女子からすればかなり疑わしいと感じるかもしれませんが、考え方が幼いおじさんは未成年女子から『自分の事を分かってくれている!』と誤解される事が多く、理解のある大人の男性として子供から好かれる事が多いのです。

「勉強なんてする必要ない」「子供だからって大人との恋愛がダメみたいな差別されるのはおかしいよね」といった言葉は未成年の女子からすると心地のいい言葉かもしれませんが、精神年齢が年相応の人間なら絶対に口にできる言葉ではありません。

価値観が全く合わないはずの未成年パパ活女子を成人男性が口説くのは、本気で好きになったからではなく“恋人という立場を獲得すればお金を払わずにエッチできるから”です。

→後編にはもっと危険な男性を紹介!
『未成年のパパ活女子が絶対に出会う危険な男性達7人(後編)』に続く

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア