記事がイイね!と思ったらシェア

春になると新生活のために色々なものが必要となってくるのですが、新社会人の場合そういった物を手に入れるのは難しく、金銭的な支援が必要になる事が何かと多いと思います。

そこで初めてP活の事を知り、P活に興味を持って実際に始めてみるというパパ活女子は多いでしょう。

そこで、新社会人が心機一転P活を始めるという時にオススメのP活プロフィールの書き方を4つ紹介していきます。

太パパを見つける新社会人パパ活女子のP活プロフィールの書き方4つ

その1 新社会人である事をアピールする

新社会人というステータスはそれだけでフレッシュな雰囲気があり、パパ達が興味を持ちやすいプロフィールとなっています。

ですから、新社会人がP活プロフィールを書く時はまず『4月に卒業し新社会人として○○(大まかな仕事内容)をしている…』という風に自身が新社会人である事をアピールしていくところから始めましょう。

例文のように大まかにでも自分の仕事内容を書いておくとパパがパパ活女子の事をイメージしやすくなってきます。

また、自分の仕事内容を書いておくとP活で実際に会ったパパに「どんな仕事をしているんですか?」と聞きやすくなってきますので身バレしない程度に書いておくのがオススメです。

その2 言い換えを駆使して条件を匂わせる

P活をする場合、当然ですがパパ活女子側にも『身体の関係はNG』『デート1回で〇万円以上欲しい』といった条件があると思います。

しかし、それをそのままストレートに書くのはあまりにも幼すぎますし、そのまま書いてしまうとそういった条件でP活をしても良いというパパからも事務的過ぎる態度を怖がられて避けられがちとなってしまいます。

新社会人がP活プロフィールを書く時は『身体の関係はNG』であれば『まずはお食事からの関係を始められる方と…』と書くなど、さりげなく条件を匂わせる言い換え文章を入れていくのがオススメです。

その3 太パパが話をしやすい話題の種を置いておく

太パパが新社会人のパパ活女子を選ぶ時、優先しがちなポイントは『その子と会って楽しそうにしている自分と相手の姿が想像できるか』となっています。

ですから、パパが初めて会った時に話題にしやすい話の種をプロフィールに置いておくとオファー率が跳ね上がる事が多いです。

趣味としてパパ世代の男性が興味を持ちやすい物を書いておいても良いですし、好きなものとしてちょっとレトロな昭和世代のものを書いておくと太パパから話をしやすそうな女性だとしてオファー候補に入れられやすくなるでしょう。

ただし、この書き方をする時はネットで検索するだけでも良いので多少の知識は身につけておいてくださいね!

その4 予定が空きやすい日時を入れておく

当然ですが、太パパは多忙な人がほとんどですから空けられる日時が決まっていたり、スケジュールがある程度確定している場合が多いです。

ですから、いざP活をするとなった時に目の前の女性と予定が合わないかもしれないという懸念は少なからずありますし、もしそうなった時の徒労感は計り知れないものとなっています。

スケジュールの調整が難しいのは新社会人パパ活女子の方も同じですので、P活プロフィールに予定が空きやすくP活をしやすい日時を入れておくと『この子となら予定が合わせられるな!』という確信を持った太パパから連絡をもらいやすくなってきます。

何曜日のどの時間帯に予定が空いていやすいのかを大まかにでも書いておき、デートのセッティングがしやすい太パパからの連絡を待てるようにしておくのがオススメです。

まとめ

新社会人のパパ活女子がP活プロフィールを作成する時にオススメしたいやり方を4つ紹介していきました。

新社会人のパパ活女子には他のパパ活女子にはない“パパを懐かしい気持ちにさせる雰囲気”があり、昔の自分を見ているような気分で支援を考えるパパが集まりやすくなっています。

太パパが多い場所でP活をすれば安定したP活ライフを送りやすくなってくるので、P活プロフィールを書く時はぜひ今回の記事も参考にしてみて下さいね!

デートウォーカー編集部チームが
女性におすすめの
デートクラブを特集いたしました!
↓是非ご覧ください↓

[新企画]パパ活用に携帯は必要?
パパ活用ケータイを
入手する方法の特集です
↓是非ご覧ください↓
記事がイイね!と思ったらシェア